審査の緩い金融機関はあるの?

cb0d2989095c35eaf071b90a4247158f_s
カードローンを申し込むと、銀行内で「この人にお金を融資して大丈夫なのか?」「きちんと返済してもらえるのか?」を検討し、貸すかどうかを判断する「審査」が行われます。

この審査を通過しなければ、借り入れはできないです。

審査の基準は金融機関外には一切秘密にされていますが、概ね、収入などの返済能力や、過去に滞納がないか、金融機関と契約トラブルがないか等の情報が参照され、結果が出ることになります。

各企業のカードローンの融資条件に当てはまっているから申し込んだとしても、この内部審査で融資不可とされる可能性があるため、必ず借りることができるとは限りません。

しかも審査基準が内緒となれば、「自分は大丈夫なのか?」「通過するポイントはないのか?」と心配になるのも当然です
カードローンの審査ですが、これはどこの金融機関が緩いということはないです。

また、収入があってもなくても審査はあります。
お金を貸すのですから、どこの会社に申し込んでも、返済できるのか?過去に契約トラブルはないのか?等を調べられた上で判断されることになります

審査を通過する前提として、まずは金融機関や消費者金融がカードローン申し込み者に提示している条件に合致しているかどうかが重要です。

専業主婦に融資をしていないカードローンに申し込みをしても、まず審査は通らないです。
前提として、専業主婦も申し込みOKのカードローンに申し込む必要があります。

その上で、二つのポイントに気をつけることが大切です。

融資希望金額を少なめにする
金融機関がカードローンの審査をするにあたり、希望額の大小は審査の厳しさに直結します。
10万円の借入金額と100万円の希望限度額では、当然、貸す額の大きい100万円を希望する人の方を厳しく審査します。

希望額が少ない方が審査は比較的緩やかになりますから、カードローンサービスで提示している金額いっぱいを希望するのではなく、なるべく少額、なるべく必要額だけを希望すると良いです。

過去に滞納をしていないこと
過去にローンの支払いを滞納していると、例えそれが他の金融機関のことであっても、個人信用情報に載ってしまうため、分かられてしまいます。

中には、家賃を大家さんに手渡しで払っている人で家賃が払えないときなど、個人間の支払いであれば、信用情報に乗らないこともありますが、それはレアケース。

通常であれば対企業に向けての支払いなので、滞納するとそれが信用情報に記載されてしまいます。

過去に滞納やトラブルがあると、審査を通過することが難しくなってしまいます。
個人信用情報はカードローンだけでなく、全てのローンに関わる重要なもの。

傷がつくことのないよう、返済遅れや滞納は禁物です。

支払いを滞納しないために
税金・家賃・携帯代が払えない場合、そのままにしておいはいけません。
税金なら税務署や市役所に、家賃なら大家さんに、携帯代が払えない場合の相談はキャリア会社にまずは相談しましょう。

分割払いの提案や支払期日の延長など、相談先から支払うための条件などを提示してもらえる可能性があります。