総量規制の対象となっている点がキャッシングの注意点

消費者金融のキャッシングの魅力は、面倒な手続きなしにお金の融資を受けられるところにあります。そのため、消費者金融のキャッシングでは審査に要する時間も短時間で済み、原則としてその日のうちに融資を受けられるというスピーディーさが消費者が多く利用している理由となっています。しかし、キャッシングにもデメリットがないというわけではありません。キャッシングは総量規制の対象となっているため、場合によっては消費者は自分の希望する金額の融資を受けられないというケースもあるのです。
消費者金融をはじめとして信販会社やクレジット会社などは貸金業という業態にカテゴライズされています。これらの貸金業者からの借入れに関しては法律によって総量規制の対象となってしまい、年収の3分の1を超える融資を受けられないルールになっているのです。そのため、現時点ですでに年収の3分の1までの借入がある人や、収入がない無職の人などに関してはキャッシングやクレジットカードを利用しての借入れは出来ないようになっているのです。
ただし、キャッシングとほぼ同様のサービスである銀行のカードローンの場合、このサービスは銀行が提供しているサービスなので総量規制による借入制限というものに引っ掛かる心配はありません。つまり、現時点ですでに年収の3分の1の金額の融資を受けているという人であっても審査の結果次第では借入が可能なのです。
また、銀行のカードローンではその申し込みの際に収入証明書を必要書類としていないとことがほとんどです。そのため、専業主婦のような自分の収入がないという人であっても収入証明書を提出する必要がないので安心してカードローンの申込をすることができます。