クレジットカードとカードローンの違いとは

カードローンとクレジットカードを混同してしまう人がいますが、全く違う機能を持つカードです。

カードローンは銀行が提供する融資商品です。つまり、お金を借りることができる機能で、カードでCDやATMから現金を引き出す、または所有している口座に入金してもらうことで借入れができます。返済も同様に、カードでCDやATM、または口座振替や振込などで返していきます。
対してクレジットカードは信販会社が提供する金融商品です。商品の購入代金の支払いを立て替えてもらう機能で、会計時にカードを提示することで現金を持たずとも支払いができます。締日は各社で変わりますが、基本的には1ヵ月分の利用を翌月口座から引き落とされます。

ただ、クレジットカードに関してはカードローンのように借り入れができる機能も付帯しています。料金の支払いを立て替えることをショッピング枠、借入れすることをキャッシング枠と言います。あくまでも基本機能はショッピング枠なので、必要に応じてキャッシング枠をつけることになるでしょう。
カードが1枚で済むことを考えたらクレジットカードのキャッシング枠を利用するほうが便利ですが、カードローンのほうが金利が低いという利点があるため、利息で得したいのなら別に申し込みをするのがおすすめです。

また、いずれにしても審査があります。最短で即日利用が可能ですが、審査基準は各社で変わるので自分の条件で通過しやすい会社に申し込みましょう。