銀行のローンの審査に通るための条件とは?

昔と比べると、法律が改正された影響もあって、消費者金融の金利も下がってきていますので、消費者金融でお金を借りることも悪くはありません。例えば、10万円を借りて3ヶ月で返済してしまった場合などには、銀行で借りた場合と利息の差は1000円もないケースもあります。

しかし、高額なお金を長期間借りるなら、断然金利の低い銀行のほうがおすすめです。銀行のローン審査に通るための条件というのは、サイトやブログなどでいくつか紹介されていますが、これといった決まりはありません。金融機関によって審査の基準は異なりますし、担当者によっても結果が変わることもあります。

一般的には、高年収で、安定収入がある人が有利です。同じ年収でも、公務員や大企業の正社員のほうが信用は上になるようです。また、アルバイトや派遣などでも高い年収を得ている人はいますが、やはり正社員に比べると信用は落ちます。

銀行は信用を重視するところですので、過去にクレジットカードやローンの返済で延滞をしている人は審査に落ちる可能性が高まります。よく、数日期日に遅れたくらいなら大丈夫と言う人がいますが、たった数日の遅れでも契約違反に変わりはありません。信用を重視する銀行でお金を借りたいなら、クレジットカードやローンの返済では延滞をせず、信用を得るように努力しておきましょう。

申込みは何社でもできますが、申込みの記録も残りますので、多くても月に3社くらいまでに抑えておくべきです。