主婦でも借入れ可能な総量規制対象外のキャッシング

主婦の人がお金を借りたいと考えたときに問題となってくるのが総量規制の存在です。総量規制では消費者が貸金業者から借入れの出来る金額の上限は年収の3分の1までとなっています。そのため、収入のない人の場合、消費者金融のキャッシングや信販会社のクレジットカードの利用には年収に応じて借入限度額の制限が付くことになります。また、すでに他社からの借入がある人の場合、その借入額はすべて合算されるため新規でお金を借りる際には年収の3分の1からさらにすでに借入れている借金の金額分が差し引かれることになります。つまり、複数の消費者金融を利用したとしても自分の年収の3分の1を超える金額の融資は受けることができないのです。
それに対して銀行のカードローンではやや事情が異なってきます。銀行のカードローンは総量規制の対象とはなっていないため、年収による限度額というものはありません。そのため、自分の収入がないという専業主婦の人でも、配偶者に収入があるということやアルバイトやパートなどで収入を得ているということが条件となってきますが、お金を借りることが可能になっています。また、銀行のカードローンの場合、住居や住宅の種類などを確認されることもなく、電話による職場への在籍確認も必要としないところがほとんどなので、銀行のカードローンならば家族に内緒でお金を借りたいという人や、職場に人たちに知られずにお金を借りたいという人でも安心して融資を受けることができます。